2018-12-05

Denime Sewing

Denime Original Line — 縫製について

Denime

広島県にDenimeのデニムの縫製を担っていた工場があります。
その工場には旧Denimeを縫っていたミシンが、今でもパーツを交換しながら稼働しています。
「Denime Original Line」の縫製は、改めてこのミシンを指定し縫製をお願いしました。

In Hiroshima, there is a factory they do all the sewing process of Denime jeans. In that factory, we still have very oldest sewing machine and keep using it by changing the machine parts and maintaining all the time.
And for this “Denime Original Line”, we asked this old machine for sewing.

デニム本来の立体感を生むために、ステッチ巾の指示をセンチからインチ指示に変えて縫製します。縫製はより本物の仕様にこだわっています。

To be able to make solidity denim fabric, we used inches measurement instead of centimater for stitch width, this would make the fabric more natural and realistic.

巻縫い専用ミシンは穿きこみ後に、Denime独特のパッカリングにより深みのあるアタリが出る様に調整を行います。
※巻縫いとは、左右の生地端を巻き込んで縫製する手法。仕上がりも美しく、丈夫です。
※パッカリングとは、縫製時にできる縫い縮みのこと。

We use rolled seaming machine to make puckering, so that we could have the greatest fading to our jeans.

パンツの脇の縫いは生地の縮み・動きに沿うよう、あえて緩く縫っていきます。ウェストベルト、バックヨークの切り替えなどは多くの縫い代を残しました。
それによりデニムを穿きこんでゆくほどに、綺麗なアタリが生まれます。

On the side part we purposely sew it loose, so it would fit to every moves and fabric shrink wouldn’t be a problem.
Waist belt and back york have large margin to sew up, this would make a beautiful fading.

XXタイプのコインポケットは、端に生地耳(セルビッチ)を使用します。
66タイプのコインポケットは、生地を斜めに裁断して作ります。それにより66タイプのコインポケットにはDenimeの特徴である、カミナリのアタリが生まれます。

The coin pocket for XX Type, we use selvage to the edge.
The coin pocket for 66 Type, we put an angle to cut the fabric. This can make Denime original lighting shaped fading.

Denimeの原点のものづくりに立ち返り、何度もサンプルを作成しながら完成に近づけていきます。

We retrovert to the beginning, and we make so many samples so that we could produce right goods to our customers.

「Denime Original Line」はDenimeを築いてきた工場の職人さんと共に、魂のこもったものづくりを行ってゆきます。

“Denime Original Line” is to make soulful goods with all of our craftworkers.

instagram @denime_original
twitter @denime_original
facebook @denime.jp

CATEGORY :