2018-08-20

Denime Fabric

Denime Original Line — 生地について

Denime30th

岡山県にDenime設立当時のオリジナルデニム生地を織っていた工場があります。その工場には当時のDenimeのオリジナルデニム生地を織る特別なレシピが眠っていました。

When we established Denime, there was a factory in Okayama where they had original denim fabric. and the recipe for special weaving was hidden in there.

“Denime 30th Special Project”は先ず、プロジェクトの命とも言えるこのオリジナルレシピに基づき、オリジナルデニム生地を復活させるところから始まります。
しかし当時とまったく同じ原料は手に入らないなど、当時のレシピを基に現在の環境で進める事は簡単な作業ではありません。
当時のレシピをひとつひとつ現在の環境に置き換え、試行錯誤を繰り返し、往年のDenimeを知るお客様にも納得していただける生地を織り上げています。

“Denime 30th Special Project” is to revival this recipe to start with. However since we cannot get exact same fabric, it is going to be a hard project to be proceed.
We use that recipe with current fabric we have, and sure it would be trial-and-error method.But the most important thing is to get full convinced from all of our customers.

力織機

生地を織り上げる織機は、1日で一反しか織ることの出来ない旧型の力織機を、Denimeに合わせてカスタムし、使用しています。
この力織機はDenimeの特徴でもある独特なザラ感と、立体感のある色落ちを生む為の毛羽を持ち合わせた、特別なセルビッチデニム生地を作り出します。
パンツ共通で使用するスレキ(ポケット布)は、力織機で織ったオリジナル厚地耳付きスレキを使用します。

※セルビッチデニムとは、旧型の力織機を使って織られたデニム生地のことで、生地の両端に「耳」と呼ばれる特徴があります。

We are using old model machine to weave fabric, and this power loom can only weave a roll* around 10m a day. This machine makes Denime’s special rough touch, and also plasticity faded coloring can be made by this. Also think deckle-edged sleek is used for all of our jeans.

Denime30th

“Denime Original Line”で使用するデニム生地は、ブランド設立当初から生地を織っていただいていた工場の方々の協力のもと、ひとつひとつ丁寧なものづくりを行なっております。
Denimeイズムを継承したこの生地は、一本のデニムを新品からエイジングした色落ちまでの“時間”を楽しんでいただけます。

The denim fabric that we’re using for this “Denime Original Line” is specially made by the factory which we have been cooperated from the beginning.
That is why we have confident recommendation for all of our customers.

Denimeエイジング

instagram @denime_original
twitter @denime_original
facebook @denime.jp

CATEGORY :